辺野古の軟弱地盤「技術的検討終わった」 防衛省

2020/4/1 21:30
保存
共有
印刷
その他

米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、防衛省は1日、埋め立て予定地で見つかった軟弱地盤の改良工事で助言を受ける有識者会議を開いた。同省は地盤の安定性について再検討は不要との見解を示し、有識者会議も支持した。同省は「必要な技術的検討は終わった」と説明した。

政府は埋め立て予定地で見つかった軟弱地盤に杭(くい)を打ち込んで強化する改良工事を検討しており、有識者会議で妥当性を議論してきた。月内にも改良工事を盛り込んだ設計変更を沖縄県に申請する。県は認めない構えを見せている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]