広島・宮島口に商業施設「エット」 2日開業

2020/4/1 19:38
保存
共有
印刷
その他

広島電鉄は2日、宮島の対岸にあたる宮島口に商業施設「etto(エット)」を開業する。広島県の産品を扱う土産店や飲食店など16店舗が出店。2月末に開かれた宮島口の新旅客ターミナルに隣接しており、フェリーを待つ観光客などで集客を狙う。

2日、宮島口に商業施設「etto(エット)」が開業する(広島県廿日市市)

同施設は2階建てで延べ床面積は約1600平方メートル。1階には土産店など12店舗が出店し、広島や瀬戸内地域のスイーツや雑貨を取りそろえる。2階にはお好み焼き屋や広島生まれのラーメン店などが入っている。

「えっと」は広島弁で「たくさんの」という意味がある。広島電鉄の瀬崎敏正取締役は「たくさんの人や笑顔が集まる場所にしたい」と話す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]