大阪に博覧会資料2万点、熱気を後世へ 乃村工芸社
時を刻む

2020/4/2 2:01
保存
共有
印刷
その他

ディスプレーデザイン大手、乃村工芸社の大阪事業所(大阪市浪速区)には19世紀以降、国内外で開かれてきた様々な博覧会の資料コレクションがある。公式記録やポスター、パンフレット、記念品など、その数は約2万点に及ぶ。データベース化された資料からは、開催された時期に人々をひきつけていた事物やその時代を覆っていた空気をうかがい知ることができる。

コレクションの中核になっているのは大阪府の博覧会研究家、寺下…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]