/

この記事は会員限定です

異例の新年度スタート、入社式中止・縮小 中部でも

[有料会員限定]

2020年度がスタートした1日、中部地方の自治体や企業では新型コロナウイルスの感染拡大への懸念から、各地で式典を取りやめたり、規模を縮小したりする動きが目立った。異例の門出を迎えた新社会人は、決意を新たにした。

「残念だが、必要な措置だ」。知事や幹部らが出席する入庁式を取りやめた愛知県。新入職員約350人は県女性総合センター(名古屋市)内の7つの部屋に分かれ、職員から辞令を受け取った。宣誓も見送ら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り594文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン