/

この記事は会員限定です

東北の企業、入社式「3つの密」に配慮

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で多くの東北の企業が入社式を中止した一方、予防策を講じ開催に踏み切った企業も相次いだ。規模縮小や分散開催など密閉、密集、密接の避けるべき「3つの密」を入社式でも配慮した上で、経営トップらは新入社員を激励した。

アイリスオーヤマ(仙台市)は会場を国内外の工場や事務所など計7カ所に分散して開催した。宮城県角田市の拠点には大山晃弘社長や大山健太郎会長ら役員が出席。各地の会場と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1138文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン