M&Aが延期や中止、ゼロックスはHP買収断念 件数15年ぶり低水準

2020/4/1 22:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの影響による世界経済と金融市場の混乱で、M&A(合併・買収)の中止や延期が出始めた。米事務機器大手ゼロックスは同業HPの買収を断念し、米製薬大手ファイザーは事業統合を延期した。グローバルのM&A件数は約15年ぶりの水準に落ち込む。株価が下がれば再編の好機にもなるが、足元では不透明感から動きが止まっている。

ゼロックスは3月31日、2日に始めたパソコン・プリンター大手HPへの敵対…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]