被災、東北が選んだ独立 野崎六助氏が選ぶ3冊
アウターライズ 赤松利市著

読書
2020/4/2 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東日本大震災から10年。それを凌駕(りょうが)する大地震と津波にふたたび襲われる東北三陸地帯――。これが近未来サスペンスの舞台だ。災害の日の住民群像を描く第一章が前半の3分の1。

後半の第二章「開国」は、その3年後。東北は罹災(りさい)直後に日本国から離脱、独立後の鎖国政策廃止を「諸外国」にアピールする。そして独立国家の謎が明かされていく。それは一種の社会主義的ユートピアだった。

東北独立を描い…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]