/

この記事は会員限定です

若生幸也・富士通総研公共政策研究センター長「霞が関、国会との関係考える必要」

[有料会員限定]

若生幸也・富士通総研公共政策研究センター長「霞が関、国会との関係考える必要」

霞が関や自治体の人材不足をどう考えたらよいか。行政経営に詳しい富士通総研の若生幸也公共政策研究センター長に聞きました。

――霞が関の若手官僚の早期退職が話題になっています。

「昔から留学から帰って辞めるパターンは一定数ある。留学費用は返す必要があるが、その費用は転職先の企業が出してくれる。こうしたトップ層の転職は継続して進んでいる」

「それに加えて今、起きているのは『このままだと専門性も身につかない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1304文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン