/

大河と朝ドラで撮影休止 NHK、コロナ感染予防で

NHKは1日、大河ドラマ「麒麟がくる」と連続テレビ小説「エール」の撮影を同日から12日まで休止すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大を予防するための措置。両ドラマは出演者とスタッフが多く、安全対策には限界があると判断。現時点では感染の疑いがある人はいないという。

NHKによると、ある程度は収録が進んでいるため、直ちに放送が休止することはないという。東京都が大規模イベントの中止や延期を要請している期限に準じ、自主的に休止日程を決めたとしている。

「麒麟がくる」は今年1月から、「エール」は3月30日から放送中。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン