/

この記事は会員限定です

入社式、信越各社が対応に策 新型コロナで縮小・分散

[有料会員限定]

新しい年度を迎えた1日、新潟と長野の各地で入社式や入庁式が開催された。新型コロナウイルス感染防止対策として、規模の縮小や会場を分散して開催する動きが目立った。延期や中止を決めた企業もあり、例年とは様相が異なる新年度のスタートとなった。

「入社式を執り行うか逡巡(しゅんじゅん)があったが、晴れの舞台だからこそやろうと決めた」。亀田製菓の佐藤勇社長は1日朝、60人の新入社員にこう述べた。時間を例年より半分の3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1152文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン