アンジェス、新型コロナワクチンで特許出願

2020/4/1 15:28
保存
共有
印刷
その他

大阪大学発のバイオ企業アンジェスは1日、現在開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、大阪大学とともに用途特許を出願したと発表した。現在ワクチンは動物を使った試験中で、早ければ9月にもヒトへの臨床試験(治験)を開始する予定だ。

アンジェスは3月5日、大阪大学と共同で新型コロナウイルスのワクチン開発を発表。製造はタカラバイオが担う。同26日にはワクチン候補となる原薬の動物試験開始を発表していた。新型コロナウイルスのワクチンを巡っては英グラクソ・スミスクライン(GSK)など世界の製薬大手も開発に乗り出している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]