/

舞浜駅ホーム拡張、TDR客の混雑緩和へ JR東日本

2022年春メド

JR東日本千葉支社は2022年春をめどに舞浜駅(千葉県浦安市)のホームを拡張する。上り線の東京方面に45メートル分、下り線の蘇我・西船橋方面にも55メートル分のホームを新設し、全体の面積を1.5倍に増やす。上りと下りで車両の停車位置をずらし、乗客の待機列を分散することでホームの混雑を緩和する。

舞浜は東京ディズニーリゾートの最寄り駅で、閉園後の時間帯は電車を待つ人々で特に混雑していた。ホーム拡張はオリエンタルランドの要請に応じたもので、44億円の総事業費の半分を同社が負担する。浦安市も費用を一部負担するほか、所有地の一部を工事ヤードとして貸し出す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン