/

国会も感染防止 閣僚席の間隔広く マスク姿で答弁

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国会でも感染を防ぐ取り組みが進んだ。参院は1日の決算委員会を安倍晋三首相や各閣僚の座席の間隔を通常よりも空けて実施した。首相や一部の閣僚はマスクを着けたまま答弁した。国会議員席も3人席を2人で使うなど、感染のリスクが高い「密閉・密集・密接」を避ける対策が取られた。

新型コロナウイルスの感染防止のため、座席間隔を空けて実施した参院決算委(1日)

与野党の合意に基づく措置だ。自民党の世耕弘成参院幹事長は3月31日の記者会見で「参院において立法機能を維持しなければならない。参院が媒介になって閣僚に感染させ、行政機能をまひさせるわけにもいかない」と対策の狙いを語った。

自民党などが本会議前に開く代議士会や参院議員総会を当面とりやめるなど、国会審議以外の場面での感染防止策も始まっている。衆参各院で国会議員などに感染者が出た場合の対応についても協議されている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン