都立高、夏休み短縮を決定 休校延長は5月6日まで

2020/4/1 14:45 (2020/4/2 2:40更新)
保存
共有
印刷
その他

自宅学習に向けて教材を持ち帰る生徒ら(東京都台東区)

自宅学習に向けて教材を持ち帰る生徒ら(東京都台東区)

新型コロナウイルスの感染者の急増で都立高校の休校措置を延長することを巡り、東京都は1日、夏休みを短縮して授業時間を確保する方針を決めた。年間行事計画などを見直し、休校措置に伴う授業時間の減少を補う。休校期間中はIT(情報技術)を活用した自宅でのオンライン学習を実施する。

都は4月の新学期から再開する予定だった都立高校の休校措置を延長する。休校期間は春休みの終了日の翌日から5月6日のゴールデンウイーク最終日までにする。小中学校を所管する市区町村に対しても、休校の延長に加えて、ITを活用した学習支援への対応を要請する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]