中国5県の入社式、苦渋の延期・分散 新型コロナで

2020/4/1 14:41
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新年度を迎えた1日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、中国5県の企業の入社式は例年と大きく違う景色となった。一堂に会する入社式を中止・延期する企業が相次いだ。入社式は新入社員に社会人としてのスタートを意識付け、会社との連帯感を強める貴重な機会。マスク着用や検温、会場の分散などでなるべくリスクを抑えつつ実施した企業もあった。

マツダは前年度より41人少ない611人が入社したが、入社式を中止。現…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]