/

この記事は会員限定です

禁煙対応 国際水準になお遠く 改正法施行、コロナで危機感も

[有料会員限定]

受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が4月1日、全面施行された。これまで喫煙に法的規制がなかった企業の事務所や飲食店が原則禁煙となり、国会や自民党本部も分煙されていない場所の灰皿を撤去した。夏に予定していた東京五輪・パラリンピックに向けて対策を進めたものの、国際基準ではなお平均以下の対応にとどまる。喫煙との関係が指摘される新型コロナウイルスの感染拡大もあり、追加対応を求める声がある。

「1日から全...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1660文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン