/

スズキ、インドで人工呼吸器を生産

インド政府の生産要請にこたえた(インド西部の工場)

スズキは1日までに、インドで人工呼吸器やマスクなどの生産を始めると発表した。現地子会社マルチ・スズキが、まずインドのメーカーと人工呼吸器を共同生産する。1カ月あたり1万台の生産能力を目指す。新型コロナウイルスの感染拡大で、インド政府が3月末、同国の自動車メーカー各社に人工呼吸器の製造を要請していた。

スズキは今後、別の現地メーカーと提携し、3層構造のマスクや防護服も製造する。政府などの承認を得られ次第、生産を始める方針だ。製造拠点は提携相手の工場などを想定している。

スズキは3月末から4月14日までインドの全工場を一時停止している。日本でも1日から3日間、主要5工場を含む全工場を停止した。スズキは人工呼吸器などの国内生産は「予定していない」としている。

各国政府が自動車メーカーに人工呼吸器の部品を生産するよう求める動きが相次いでいる。トランプ米大統領が非常時に企業活動を指示できる「国防生産法」に基づいて生産を命令し、米ゼネラル・モーターズ(GM)が部品工場で生産することを表明した。

また米国では米フォード・モーターも電池工場で生産するほか、トヨタ自動車も専門メーカーの増産を支援する。英国政府の要請で英マクラーレン・オートモーティブなどが生産を計画する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン