5/27 3:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: コロナ下、進む銘柄選別 「DX・医療・巣ごもり」上昇[有料会員限定]
  2. 2位: NY証取、立会場を2カ月ぶり再開 ダウは一時600ドル高
  3. 3位: 逆風下でも最高益133社 1~3月、デジタル関連好調[有料会員限定]
  4. 4位: 「解除相場」の主役は短期マネー 目立つ売り方の買い戻し[有料会員限定]
  5. 5位: 私鉄大手、11社が最終赤字 14社1~3月 ホテル事業も不振
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,862,686億円
  • 東証2部 64,100億円
  • ジャスダック 89,877億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.16倍 --
株価収益率17.43倍23.68倍
株式益回り5.73%4.22%
配当利回り2.09% 1.31%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,271.17 +529.52
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
21,280 +460

[PR]

マーケットニュース

フォローする

コロナ後の世界への生き残り(十字路)

2020/4/3 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染が広がり経済が収縮、2020年は戦後最悪の世界不況に見舞われる公算が大きくなった。今は、会社をつぶさず、生き残ることが最優先課題だ。一方で感染が終息して景気が回復しても、コロナ後の世界は元の姿には戻らないことに注意が必要だ。コロナ危機は大規模な社会変革の引き金を引いた。コロナ後の経済構造は、以前とは別の姿になると認識すべきだ。

感染が広まる中で事業を続けるため、在宅勤務や…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム