/

新型コロナで厳戒の入社式、トップ「危機乗り越えて」

新年度の仕事始めとなった1日、主要企業が令和最初の新入社員を出迎えた。ただ、今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で入社式を中止する企業も多く、開催しても内容を大幅に縮小したり、インターネットを通じて自宅で参加できるようにしたりする動きが目立った。先行きが不透明な中、トップは新入社員に危機を乗り越えるようエールを送った。

伊藤忠商事は1日午前、本社に初出社した新入社員約120人に辞令を交付した。社員間の濃厚接触を防ぐ目的で、本社の正面玄関を1列になって通る新入社員をマスク姿の岡藤正広会長CEO(最高経営責任者)らが出迎え、一礼する程度にとどめた。当面は在宅勤務となり、自宅で研修を受けるという。

ANAホールディングスは例年開いていた航空機の格納庫での式典を取りやめ、代わりに片野坂真哉社長のメッセージ動画を配信。「重症急性呼吸器症候群(SARS)やリーマン・ショックなど多くの危機に見舞われたが、全役職員が結集し乗り越えてきた」と話し、新型コロナで厳しい中での奮闘を呼びかけた。

三菱UFJ銀行も自宅にいる新入社員512人に向け三毛兼承頭取のメッセージ動画を配信。今後2週間の研修もオンラインで実施する予定だ。一方でトヨタ自動車ソニーなどは入社式を中止、任天堂ブリヂストンなどは延期した。

およそ8年ぶりのトップ交代となった野村ホールディングスでは、1日付で就任した奥田健太郎グループCEOが「スキル、スピード、スピリット」をキーワードとして強調した。

野村証券の今年の新入社員は325人と前の年と比べて4割強減った。証券業界は手数料縮小の逆風が吹く。金融業界を取り巻く変化に対応するため、奥田氏は経営陣にもスピード感を高めるよう求めている。新入社員には「ノープレー・ノーエラーが一番良くない」と挑戦する姿勢を求めた。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン