米小売り閉鎖、1.5万店に倍増 百貨店など一時解雇

2020/4/1 5:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=河内真帆】新型コロナウイルスによる米小売業への打撃が深刻化している。飲食店や衣料品店など一時的に休業した店舗は60万店を突破。持ちこたえられずに閉店する店舗数の予測は2020年に過去最高の1万5千件と、1月時点の見通しから倍増した。百貨店大手メーシーズは約13万人の従業員を一時的に解雇すると発表するなど、雇用の不安定さが増す。

米調査会社コアサイト・リサーチはこのほど、1月末時点…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]