/

「アビガン」新型コロナ治験開始を発表 富士フイルム

インフルエンザ治療薬「アビガン」

富士フイルムホールディングスは31日、抗インフルエンザ薬「アビガン」で新型コロナウイルスを治療する臨床試験(治験)を始めたと発表した。国内の病院で100人程度の患者に投与し、治療効果や安全性を確認する。有効性を証明できれば、早期に全国の医療機関で処方を受けられるようになる。世界的な感染拡大を受け、治験と並行して増産準備を進める。

富士フイルム子会社の富士フイルム富山化学が国内で治験を始めた。アビガンは政府がインフルエンザ向けに200万人分を備蓄するが、新型コロナ向けとしては不十分な可能性が高い。富士フイルムは「国内外のパートナーとの連携体制を構築し、増産を加速させる」とコメントした。

アビガンは中国政府が新型コロナへの有効性を臨床研究で確認したと発表。感染拡大の収束に貢献すると期待が高まっている。国内ではこれまでは研究的な投与にとどまっていたが、医薬品として承認されれば患者にとって有望な選択肢になる可能性が高い。治験は通常は半年近くかかるとされるが、今回はより短期間になる可能性もある。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン