「アビガン」新型コロナ治験開始を発表 富士フイルム

2020/3/31 21:33
保存
共有
印刷
その他

インフルエンザ治療薬「アビガン」

インフルエンザ治療薬「アビガン」

富士フイルムホールディングスは31日、抗インフルエンザ薬「アビガン」で新型コロナウイルスを治療する臨床試験(治験)を始めたと発表した。国内の病院で100人程度の患者に投与し、治療効果や安全性を確認する。有効性を証明できれば、早期に全国の医療機関で処方を受けられるようになる。世界的な感染拡大を受け、治験と並行して増産準備を進める。

富士フイルム子会社の富士フイルム富山化学が国内で治験を始めた。アビガンは政府がインフルエンザ向けに200万人分を備蓄するが、新型コロナ向けとしては不十分な可能性が高い。富士フイルムは「国内外のパートナーとの連携体制を構築し、増産を加速させる」とコメントした。

アビガンは中国政府が新型コロナへの有効性を臨床研究で確認したと発表。感染拡大の収束に貢献すると期待が高まっている。国内ではこれまでは研究的な投与にとどまっていたが、医薬品として承認されれば患者にとって有望な選択肢になる可能性が高い。治験は通常は半年近くかかるとされるが、今回はより短期間になる可能性もある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]