/

この記事は会員限定です

国内再建へ「脱・旧行」 みずほ異例のグループ人事

[有料会員限定]

みずほフィナンシャルグループ(FG)の新たなグループ人事体制が1日から始動する。新体制の軸は「脱・旧行」と「脱・生え抜き」だ。旧富士銀行出身者が旧第一勧業銀行系の信販会社の社長に就くほか、旧日興証券出身者がリテール(個人・中小企業)の共同部門長に就く。異例の人事の背景には、構造不況に陥る国内業務へのトップの強烈な危機感がある。

「続投するものだと思っていた。あと1年待てないという(FG)トップの意識の表れだ」。みずほ幹部がこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1263文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン