/

gumi国光会長、代表権外れる

スマートフォンゲームを手掛けるgumiは創業者の国光宏尚会長が3月31日付で代表権を外れると発表した。2018年に社長につき収益改善を進めてきた川本寛之氏に権限を集中させる。新規事業として展開する仮想現実(VR)など「XR」技術を用いたゲームの開発や、ブロックチェーンを活用した投資やゲーム開発などの領域の収益化を図る。

川本氏は18年に社長に就き不採算タイトルの整理やスタジオの統廃合などを通して、収益改善を進めてきた。

19年5月~20年1月期の最終損益は4億2900万円と同期間で2年ぶりの黒字を回復した。新規事業として注力するXRとブロックチェーンの領域は赤字が続いており黒字化を図っていく考え。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン