売り方が古すぎて… 中国の百貨店・本屋大賞に学ぶ

ヒットのクスリ
2020/4/2 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

前回、新型コロナウイルスの感染が広がった中国での消費の変化をお伝えした。その取材の中で書き切れなかったネタがあった。ライブ通信で販売活動をする「ライバー」の登場だ。

中国も外出規制で百貨店の来店数は激減している。このままではじり貧だ。そこで浙江省の百貨店グループが店員に新たなライブ配信での売り方を薦めている。例えば化粧品の担当社員が「淘宝網(タオバオ)」でアカウントを開設。すでに1000回以上の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]