宝塚OGの活躍を支援する子会社設立 阪急電鉄

2020/3/31 17:16
保存
共有
印刷
その他

阪急電鉄は31日、宝塚歌劇団を退団した卒業生(OG)の活躍を支援する子会社を設立すると発表した。新会社では劇団OGによるホテルのディナーショーなどのショーやコンサートを企画する。舞台経験が豊富な劇団OGの活躍の場を増やすことで、宝塚歌劇のブランド向上にもつなげたい考え。劇団OGに特化してマネジメントする会社は初めてという。

4月1日に設立する子会社の名称は「タカラヅカ・ライブ・ネクスト」(大阪市)。資本金は1億円で阪急電鉄が100%出資する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]