/

この記事は会員限定です

祖国と別れ、ごみと出合った リサイクルの革命児

米テラサイクルCEO トム・ザッキー

[有料会員限定]

「世の中から捨てるという概念をなくす。それが創業当初から一貫した我が社のパーパス(存在意義)だ」

米テラサイクルの創業者で最高経営責任者(CEO)のトム・ザッキー(38)は相手の目を真っすぐ見つめて熱く語る。場所は使用済みペットボトルの壁で仕切られた"重役室"のなか。「ここにあるものすべてが元はゴミ。信じられないでしょ」。

重厚な会議机をよく見ると、真ん中に小さい穴が2つ開いている。「古い冷蔵庫の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3612文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

Game Changer

斬新な発想で地球規模の問題解決やビジネス創造に挑むリーダーらを取り上げます。1980年代以降に生まれたミレニアル世代、それに続くZ世代の旗手を国内外で取材。社会に変革を起こす挑戦者たちの世界観に迫ります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン