/

この記事は会員限定です

KDDIとソフトバンク、地方での5G整備で新会社

[有料会員限定]

KDDIソフトバンクは、次世代通信規格「5G」の地方での基地局整備を担う共同出資会社を設立する。両社が持つ基地局の資産を相互利用し、整備期間の短縮やコスト削減を図る。通信大手3社が3月に始めた5Gサービスは通信エリアの拡大が課題だ。5Gの地方展開を急ぐため、両社が連携する。

新会社は折半出資で4月に設立。5G基地局の工事設計や施工を管理する機能を持つ。2020年度内にも5G基地局の相互利用を始めるものとみられる。両...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り226文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン