浜松の橋本エンジ、マグネシウムで超軽量車イス

2020/3/31 16:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自動車部品・金属加工の橋本エンジニアリング(浜松市)が開発した、マグネシウムを使った最軽量車イスが注目を集めている。創業のまち浜松で培った技術を結集させて商品化にこぎ着け、利用者や福祉の現場から引き合いが増えている。東京パラリンピックでも車イステニスの注目が高まる中、競技用製品の研究開発も加速させる。

2017年に投入した車イス「MC-X」は重さ6.2キログラムで価格は39万8千円。アルミ製(約…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]