AIの今、その先の変革(1) 身近な「当たり前」の存在
清華大学(台湾)准教授 ミン・スン

やさしい経済学
2020/4/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

30年余り続いた「平成」の時代が終わりました。人工知能(AI)の世界でも、2010年代前半から始まった第3次ブームは落ち着きを見せ始めています。過去のブームと違うのは、関連技術がビジネスや生活に浸透しつつあることです。AIそのものが一時的な流行から当たり前の存在に近づいているのです。

本連載では今後、さらに社会への浸透が進むAIについて、筆者がチーフAIサイエンティストを務めるAppierで得た…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]