/

ウエットスーツ素材のマスク 水着素材の山本化学工業

水着素材の山本化学工業(大阪市)は4月1日、ウエットスーツの素材を使ったマスクを販売する。サーフィンやダイビングなどの際に着用するウエットスーツの素材は伸縮性があり、一般的なマスクに比べ顔との隙間を減らすことができるという。ウイルスの侵入や飛沫を防ぐとして、6月以降をめどに台湾、中国、米国などの海外でも販売予定だ。

開発したマスクは「BIOLA(ビオラ)」。大阪の縫製工場などで生産し、月産50万枚を目指す。口と鼻に近い6カ所に小さな穴を開け空気を取り入れる。ガーゼやキッチンペーパーなどをマスクとの間に挟むことで、ウイルスの侵入の可能性をさらに低くできるという。手洗いで再利用でき、1年ほど使える。価格は1千円から。注文は同社ホームページで受け付ける。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン