がん研究センター中央病院、医師ら2人の感染を新たに確認

2020/3/31 16:14
保存
共有
印刷
その他

国立がん研究センター中央病院(東京都中央区)は31日、新たに医師1人と看護師1人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。同病院では既に看護師2人の感染が確認されており、接触があった患者や職員約160人のウイルス検査を進めている。

同病院は安全の確認ができるまで新規患者の受け入れを中止する。予約済みの患者とは日程の相談を進めるが、必要な場所の消毒などを終えたため再診患者の診察は通常通り行うという。

同病院によると、新たに感染が分かった看護師は、感染確認済みの看護師2人と同じ、乳がんや血液がんの患者らが入院する病棟に勤務。医師はこの病棟に出入りしていたほか、外来診療と手術を担当していた。

同病院は30日までに60人を検査。今回の2人以外の患者39人と職員19人は陰性だった。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]