/

SBI、「ひふみ投信」のレオスを子会社化

SBIホールディングスは31日、「ひふみ投信」などを運用するレオス・キャピタルワークス(東京・千代田)の発行済み株式の51%を取得することで基本合意したと発表した。4月末に株式を取得し、子会社化する予定。投信販売で連携を深め、SBIやレオスの運用資産の拡大を目指す。

株式は複数の既存株主から取得する。レオスは2003年4月設立。直販の「ひふみ投信」や窓販の「ひふみプラス」、世界株中心の「ひふみワールド」などの公募投信の運用資産残高は約7000億円。商品の一部は積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)にも採用されており、個人投資家の人気が高い。

レオスは2018年12月に新規株式公開(IPO)する予定だったが、直前に取りやめた。IPOは引き続き目指すものの、いったんSBI傘下に入ることで顧客基盤を拡充する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン