キョーリン、新型コロナの検出試薬を発売へ

2020/3/31 13:19
保存
共有
印刷
その他

キョーリン製薬ホールディングス(HD)は子会社の杏林製薬を通じ、4月中旬に新型コロナウイルスの検出試薬を発売すると発表した。同社が産業技術総合研究所と共同で開発したPCR検査装置「ジーンソック」で使える。

日本ではPCR検査による新型コロナのウイルス検出が主流だが、1回の検査に数時間を要することが課題だった。ジーンソックを用いると15分で遺伝子を特定できる。

日本医療研究開発機構(AMED)と委託研究開発契約を結び、実証実験を進めていた。同時に国立感染症研究所でも実証実験を実施し、迅速検査法として公的保険適用の対象となった。

杏林製薬は実証実験のために、全国16箇所の医療機関に装置を配備。装置や試薬の安定供給に向けて生産体制を整える。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]