70歳就業確保、21年4月から 企業は負担増への対応課題に

2020/3/31 16:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

70歳までの就業機会の確保を企業の努力義務とする改正高年齢者雇用安定法など一連の改正法が31日、参院本会議で可決、成立した。2021年4月から適用し、健康なうちは働き続けたい高齢者が増えていることに対応する。新型コロナウイルスの感染拡大が企業の売り上げや雇用に影を落とし始めているだけに、人件費などの負担増に苦慮する企業も出そうだ。

高年齢者雇用安定法や雇用保険法など計6本の法律を改正した。企業は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]