/

西村経財相、緊急事態宣言説を否定「警察に相談」

西村康稔経済財政・再生相は31日の閣議後記者会見で、インターネット上で自らが親しい記者に近く緊急事態宣言を出すと話したとの情報が流れていることについて「一切そのような発言はしていない。極めて遺憾で、警察とも相談している」と述べた。名誉毀損や風説の流布による業務妨害にあたる可能性があると話し、「今後も続けば、対策を考える」と話した。

ネット上では政府が4月1日に緊急事態宣言を出し、2日に東京都をロックダウン(都市封鎖)するとの臆測が流れている。30日に安倍晋三首相と菅義偉官房長官がそろって否定しており、西村氏も「官房長官や首相が明確に否定している通りだ」と改めて強調した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン