/

この記事は会員限定です

再審無罪、「自白偏重」が冤罪招く 制度改革なお課題

[有料会員限定]

滋賀県の病院で患者を死亡させたとして、殺人の罪で服役した西山美香さん(40)に31日、大津地裁が再審無罪判決を言い渡した。戦後の再審事件を巡っては、警察や検察による捜査の問題点が露呈。過去に冤罪(えんざい)が生み出されてきた背景には「自白偏重」の捜査手法がある。近年取り調べの録音・録画(可視化)の導入など見直しが進んだが、対象は一部に限られたままだ。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り711文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン