熊本・鶴屋百貨店社長、家電・家具視野に総合力磨き
戦略 トップに聞く

2020/4/1 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

郊外の商業施設やインターネット通信販売の普及に加え、新型コロナウイルスの感染拡大で地方百貨店の経営は厳しさを増している。熊本市では中心部に大型複合施設「サクラマチ クマモト」が開業し、少し離れたJR熊本駅にも2021年に大型商業施設ができるなど、競争が激しくなりそうだ。市中心部にあり熊本県で唯一の百貨店、鶴屋百貨店の久我彰登社長に聞いた。

――サクラマチ クマモトに続き、熊本駅にも大型施設ができ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]