/

この記事は会員限定です

米ジャンク債市場、コロナ直撃からの再起動

米州総局 宮本岳則

[有料会員限定]

30日の米国市場では投資家心理に改善の兆しが見えた。ダウ工業株30種平均はじわじわと上げ幅を広げる展開で前週末比690ドル高で終えた。投資家のリスク回避姿勢が和らいできたことでハイテク株の上昇が目立った。この日の米金融市場で「明るい材料」として話題になっていたのは、約1カ月ぶりとなった米低格付け債(ハイイールド債)の新規発行だった。

「まさに取り合いだったよ」。米保険会社でハイイールド債運用を担当...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1109文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン