米、新型コロナ感染者16万人突破 NYに米軍病院船

2020/3/31 6:38 (2020/3/31 7:44更新)
保存
共有
印刷
その他

自由の女神像を通過する病院船「コンフォート」(30日、ニューヨーク)=ロイター

自由の女神像を通過する病院船「コンフォート」(30日、ニューヨーク)=ロイター

【ニューヨーク=吉田圭織】米国で新型コロナウイルスの感染が広がり続けている。米東部時間30日夕時点の米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、米国の感染者数は16万人を超えた。世界全体約78万人の2割を占め、国別では最多だ。全米で最も感染者数が多いニューヨーク州には米海軍の病院船が到着し、急増する患者に対応できなくなっている医療機関の負担軽減を図る。

ニューヨークのマンハッタン島には30日、海軍の病院船「コンフォート」が到着した。コンフォートは1000床のベッドと12の手術室を備え、約1200人の医療関係者が任務にあたる。病院船は新型コロナ以外の患者を受け入れ、既存の医療機関が新型コロナの患者に専念できる体制をつくる。

クオモ州知事は30日時点で州内の感染者が6万6500人、死者数が1218人に上ったと発表した。クオモ氏は「状況のさらなる悪化が見込まれる」との見通しを示した。患者が増え続ける中、ニューヨークは大会議場を病院に転用したり、セントラルパークの園内でも仮設病院を建設したりするなどの対策を進めている。

感染は全米で広がっており、最近ではルイジアナ州のニューオーリンズ市での増加が目立つ。死者数が1週間で4倍になり、死亡率が全米で最も高いとされる。2月下旬に北米最大のカーニバル(謝肉祭)が開催され、140万人も人が市内に集まったことが拡大の原因と考えられている。

感染拡大とともに外出規制措置を導入する自治体が増えている。首都のワシントンは、隣接するメリーランド州やバージニア州に続き、新たに外出制限令を発表した。郡や市レベルの措置も含めると、米国ではネバダ州やアリゾナ州など7つの州以外の全州で外出制限令が発令されている。

トランプ米大統領は30日の記者会見で、新型コロナについて「米国では100万人が検査している」と指摘。検査の進展にあわせて、確認される感染者が増えているとの認識を示した。

30日時点で全世界での感染者は約78万人、死者数は3万7000人にのぼった。米国に次いでイタリア(約10万人)とスペイン(8万5000人)が多く、中国(8万2000人)は4番目だ。死者数ではイタリアの1万1000人が最も多い。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]