日本フードサービス協会の高岡会長「飲食店、資金繰りに懸念」
ビジネス激変 経営者の見方

2020/3/30 22:03
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、都市部を中心に飲食店への客足が鈍っている。3月は歓送迎会の需要が集中する季節で、本来は12月に次ぐ繁忙期だけに外食各社にとっては痛手となる。外食産業への影響をどのように見るのか。業界団体の日本フードサービス協会(東京・港)の会長で、人形町今半(東京・中央)社長の高岡慎一郎氏に聞いた。

――外食全体の客足が落ち込んでいます。

「消費税増税の影響から回復傾向が見…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]