新型コロナから命守れ 医療、暗中模索の攻防
コロナ 瀬戸際の医療(1)

2020/3/30 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「このままでは崩壊が来る」「一体いつになったら終わるのか」。名古屋市内の病院の救命救急センター。疲れ果てた医師や看護師が、新型コロナウイルスを疑う症状で次々と搬送されてくる患者に向き合う。

感染症対応のノウハウが豊富な指定医療機関ではない、一般の病院だ。急ごしらえの複数の専用病床前の廊下にはテントが張られ、中では空気清浄機が回り続ける。全身を医療用ガウンにすっぽり覆われた医師は診療を終えると、テ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]