「夜間営業のバーなど出入り控えて」 小池知事が要請

2020/3/30 20:53 (2020/3/31 0:34更新)
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京都の小池百合子知事は30日夜に緊急記者会見を開いた。歓楽街での感染が疑われる事例が多発しているとして、都民に対し夜間の外出を控えるよう改めて要請した。

小池氏は「爆発的な感染増になるかどうかの岐路にある」と強調。厚生労働省のクラスター(感染者の集団)対策班の調査によると、夜間から早朝に営業する接客を伴う酒場などで、感染が疑われるケースが多発していると説明した。

こうした歓楽街での感染が疑われる事例は、これまでに38人確認されているという。小池氏は「若者にはカラオケやライブハウス、中高年にはバーやナイトクラブへの出入りを控えてほしい」と訴えた。

新型コロナウイルス感染症対策本部会議で発言する東京都の小池知事(30日、東京都庁)

新型コロナウイルス感染症対策本部会議で発言する東京都の小池知事(30日、東京都庁)

都は新型コロナ対応の病床として、重症者向けに700床、中等症患者向けに3300床の確保を目指しており、これまでに500床を確保した。小池氏は軽症者や無症状の患者については「自宅や宿泊施設で療養できるように国と体制の整備をする」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]