富士フイルム、アビガンの企業治験へ 31日から新型コロナ向け

2020/3/30 20:17
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

富士フイルムホールディングスは、抗インフルエンザ薬「アビガン」で新型コロナウイルスを治療する臨床試験(治験)を31日から始める。国内では医師が主導する研究的な投与はあるが、治療薬として正式に承認されるためには企業による治験が必要となる。有効性を証明できれば、早期に全国の医療機関で処方を受けられるようになる。

安倍晋三首相は28日に「新型コロナウイルスの治療薬として正式に承認するにあたって必要なプ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]