英政権中枢、新型コロナ相次ぎ感染 対策に不安も

2020/3/30 20:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

英国の新型コロナ対策を指揮するジョンソン首相(中)が感染し、ウィッティー首席医務官(左)にも症状が出た(16日、ロンドン)=AP

英国の新型コロナ対策を指揮するジョンソン首相(中)が感染し、ウィッティー首席医務官(左)にも症状が出た(16日、ロンドン)=AP

【ロンドン=中島裕介】英国で新型コロナウイルス対策を担う政権中枢に感染者やその疑いが相次ぐ異例の事態が起きている。ジョンソン首相が27日に検査で陽性反応が出たと公表すると、その直後に対策の実務を担うハンコック保健相も感染を発表。首相に専門的な知見を助言するウィッティー首席医務官も症状が表れ自己隔離に入った。政権の司令塔内で事実上の集団感染が起きたことで、コロナ対策での機能不全が懸念される。

主要7カ国(G7)の首脳で感染を公表したのはジョンソン氏が初めてだ。英紙フィナンシャル・タイムズは人数は不明だが、軽い症状が出た首相官邸の職員も隔離されたと伝えた。

英国では28日時点で死者が1200人超と、イタリアやスペインほどではないものの危機的な状況に近…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]