コロナワクチン開発の田辺三菱、デジタルで探る活路

2020/3/31 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

江戸時代の1678年に創業し、342年の歴史を刻んできた田辺三菱製薬が4月、新たな形で新年度を迎える。2月末に三菱ケミカルホールディングス(HD)が全株式を取得し「田辺」は独立性を失った。合併で始まった田辺三菱の12年間はシナジーを生み出せず、企業価値を拡大することができない「失われた期間」だった。三菱傘下で再出発するなかでの活路はあるのか。

田辺三菱製薬は3月中旬、新型コロナウイルスのワクチン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]