千葉銀行、デジタル化を推進 新中期経営計画

2020/3/30 19:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

千葉銀行は30日、2023年3月までの新たな中期経営計画を発表した。異業種や他行との連携、デジタル化を進めることで新たな事業創出を目指す。低金利や少子高齢化で地方銀行を取り巻く経営環境は厳しさを増している。さらに新型コロナウイルスの影響で景気の先行きも不安視されるなか、本業を支える収益確保を急ぐ。

連結純利益の目標は600億円と、20年3月までの現中計の水準を据え置いた。20年3月期の連結純利益…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]