危機への備え、コロナでは裏目 銀行資本規制緩和へ

2020/3/30 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界の金融当局が相次いで銀行への規制緩和に動いている。リーマン・ショック後につくった新資本規制(バーゼル3)の最終段階の適用開始を1年間、先延ばしするほか実施済みの規制も弾力運用にかじを切る。危機の封じ込めと再発防止を狙った規制強化は銀行の健全性を高めた半面、企業の資金繰り支援や市場の安定を阻害しかねない副作用も生んでいる。

日銀は30日、当座預金や貸出取引の相手となる金融機関の選定基準を緩める…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]