JR四国、1~26日の運輸収入54%減 「最大の危機」

2020/3/30 19:42
保存
共有
印刷
その他

JR四国は30日、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、運輸取扱収入が3月1~26日で前年同期比54%減少し、12億8700万円だったと発表した。2月は前年比16%の減少だったが、3月は観光需要が落ち込み、減少幅が拡大した。記者会見した半井真司社長は「先行きが見えないため、営業施策の見通しが全く立たない。会社発足以来、最大の危機的状況にある」と話した。

会見したJR四国の半井社長(左)(30日、高松市)

会見したJR四国の半井社長(左)(30日、高松市)

本州と四国をつなぐ瀬戸大橋線の利用者数は、3月は26日までで45%減少した。観光利用が多かった休日利用が特に落ち込む。平日は通勤に支えられているものの、在宅勤務やテレビ会議の導入により利用は減少している。訪日外国人向けフリーパスの発売枚数は3月の同期間で9割超減った。

事態の収束が見通せないことから「伊予灘ものがたり」など観光列車の運休を4月末まで延長する。利用者の減少を受け、4月18日からの運行を予定していた、高知を走る新観光列車「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」も同様に4月中は運休とする。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]