/

中国電、音楽スタートアップのクレオフーガに出資

音楽投稿・販売サイト「オーディオストック」を運営するスタートアップのクレオフーガ(岡山市)は中国電力から第三者割当増資で数千万円を調達したと発表した。クレオフーガは店舗向けのBGM配信サービスを手掛けており、営業強化に向けて担当者の増員や広告戦略の強化に充てる。

同社のBGMサービスは「オーディオストック・ストア・ミュージック」。飲食店や美容室を主な顧客層に想定し、2019年春にスタートした。足元では苦戦が続いており、今後は中国電の顧客基盤を生かして売り込んでいく。併せて、中国電のPR動画やイベントに使うBGMの需要も取り込みたいとしている。

クレオフーガの西尾周一郎社長は「将来は電力とインターネット通信、音楽配信をセットにしたプランも手掛けることができれば」としている。中国電はスタートアップ支援に力を入れており、今後も出資件数を増やして地域活性化に貢献していく方針だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン