名古屋高速、環境整備で三菱UFJ融資

2020/3/30 21:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

愛知県と名古屋市が折半出資する名古屋高速道路は三菱UFJ銀行と環境などに配慮した企業向け融資の契約を結んだ。道路照明の発光ダイオード(LED)化や料金所の太陽光発電設置などが評価された。名古屋高速はESG(環境・社会・企業統治)活動の一環としてアピールする。

三菱UFJ銀が主幹事を務める協調融資のひとつ「ESG経営支援ローン」を活用した。三菱UFJリサーチ&コンサルティングがESGの取り組みを1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]